アルギニン

成長ホルモンってどういうものなの?

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果があります。これは、具体的にどんな効果をもたらすというのでしょうか。大ざっぱに言うと、疲労回復効果、新陳代謝を活発にする効果などが挙げられます。

 

成長ホルモンは、文字通り成長を司るホルモンです。子供時代には毎日大量に放出されるホルモンで、子供の健やかな成長を支えています。大人の体になれば、成長ホルモンの分泌は著しく低下しますが、決してその役目を終えた訳ではありませんので、少しずつは分泌し続けます。

 

大人の体での微量な成長ホルモンの主な効果が、疲労回復効果、新陳代謝を活発にする効果なのです。

 

私たちの体は、毎日、毎時間、細胞レベルで生と死を繰り返しています。新鮮でいるためには死んだ細胞は速やかに排出されなくてはなりませんし、すぐに新しい細胞が作り出されなくてはなりません。

 

皮膚が傷つけば、そこはたちまち修復されます。死んだ細胞ははがれ落ち、新しい細胞を構築し始めます。代謝が良いからだはこのサイクルが速やかに行われますが、そうでなければそのサイクルを完了するために長い時間がかかるでしょう。

 

そんな新陳代謝が遅れる現象が体の至るところで起きますから、大人になるに従って回復が遅いと実感することになるのです。

 

成長ホルモンが分泌されるのは、夜寝ている間だと言われています。睡眠に入ってから約4時間後。俗にお肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間は、成長ホルモンが盛んに分泌されている時間。この時間に大掃除、修復、そして回復を図っているのです。

 

大人になれば、睡眠時間が多く取れなかったり、不規則な時間に寝ていたりして、成長ホルモンが分泌されるチャンスを逃すことが多くなります。疲れが取れないだけでなく、お肌のコンディションにも影響する成長ホルモン。

 

アルギニンを摂取することで成長ホルモンの分泌量が上がれば、代謝能力が上がり、回復力が高まり、細胞がいつも新鮮に保たれるのは、こういうわけです。

アルギニン