アルギニン

血管のケア法はとても簡単

 

アルギニンの詳細

 

例えば内臓のケアと言われると何となく何をすれば良いか分かりますよね?

 

お酒は肝臓に悪いし、タバコは肺がんのリスクを高める。暴飲暴食は胃を痛めつける上、インシュリンを分泌するすい臓などにも負担をかける。おまけにストレスは胃腸に障害を来す直接の原因となります。

 

それら内臓に悪いものを出来るだけ取り除くことが出来れば、その人は内臓のケアをしていると言えるのではないでしょうか。少なくとも内臓に優しい人だとは言えると思います。

 

実は血管のケアをする方法もいくつかあります。
アルギニンを摂ること、と言いたいところですが、もっと簡単な方法としてはストレッチやマッサージをすることです。

 

20代、30代前半の方にはあまり適用できませんが、それ以降の方は体の硬さで血管の硬さを測ることが出来ると言います。

 

体が柔らかい人は血管もしなやかで柔らかく、血管がしなやかで柔らかいということは血圧の負担も少ないということ。動脈硬化は読んで字のごとく、動脈が硬くなるということですから、これを予防するためには血管を揉み解し柔らかくするのが大事なのです。

 

これはNHKの「ためしてガッテン」という番組で詳しく取り上げられたことがあるようですから、詳しくは番組のホームページなどを見てほしいのですが、マッサージのコツは皮膚をずらすように手足をさすること、もしくは捻るように揉むことです。

 

ストレッチは痛気持ち良い状態を心がけながら、前屈などで体を伸ばしましょう。

 

なぜ、ストレッチやマッサージで血管が柔らかくなるかと言うと、血管にも筋肉があるからだと思えば納得出来るかもしれません。血管は内膜、中膜、外膜という三層構造になっており、中膜は平滑筋繊維、つまり筋肉で出来ているのです。

 

実際に血管が柔らかくなる理由は、血管の内膜が刺激を受けることにより一酸化窒素を発生させるからですが、血管も筋肉で出来ているのだと思えば、マッサージ時にも意識しやすいのではないでしょうか。

 

 

アルギニン